端午の節句は中国から。柏餅は日本独自のお菓子。

Sponserd Links

CU029_L

現在では端午の節句と言えば「こどもの日」と知られていますが、もともとはそうではなかったようで、中国の行事からきたことが始まりのようです。


今日は端午の節句に関連したお話です。

端午の節句ってなに?

端午(たんご)とは「月の初めの午(うま)の日」のことなのです。


いきなり「こどもの日」と無関係のような感じですが、では何故「端午」と「こどもの日」が結びつけられたのでしょうか?


まず、5月5日は中国古来より「病・疫病・厄祓い」の節句を行う日でした。


また、その日は菖蒲湯に入るのですが、「菖蒲=尚武(どちらも「しょうぶ」)」では鎧(よろい)・兜(かぶと)の飾りを行う日でもありました。この2点が合わさって今日の「端午の節句=こどもの日」となったようです。


兜(かぶと)を飾ることには「強くたくましく育つ」という意味があり、向かって右に「太刀」左に「弓矢」を飾りますが、これも男の節句の飾りとなっていますね。


男子の健康と、健やかな成長の祈願を託した行事です。
平飾りの兜(かぶと)・鎧(よろい)、武者人形が人気です。

鯉のぼり

CU024_L

春先~こどもの日には、鯉のぼりが”はたはた”と青空にたなびく姿をよく目にします。
地方に行くと立派な鯉のぼりがいくつも飾られ、圧倒されます。


昔からの風習ですが、高価で大きななものですし、人手も費用も費用もかかる比較的大掛かりな飾りです。「男子を祝う」ということは「代々栄える」ことへの祈願だったのだと強く感じます。

Sponserd Links

現在では都内の一軒家で「鯉のぼり」を飾るには様々な問題から難しくなっているようです。核家族化、少子化、家に人がいない、費用がかかる…などです。


それでもこの時期になんとか男の子のお祝いをしようと、マンションのベランダ用のミニ鯉のぼりもあります。※鯉のぼりベランダ用


ベランダからのぞく鯉のぼりの姿は、結構かわいいなぁ~と、おもいます。

こどもの日のお菓子

この時期の和菓子は「柏餅(かしわもち)」「ちまき」です。柏餅(かしわもち)に使う葉は「新しい葉が出来るまで、古い葉が落ちないで続く」という特徴があります。


これを代々の繁栄に重ねてイメージすると、「後継ぎが絶えず、栄える」というご祈願になるのです。そのような意味合いで、こどもの日に祝う和菓子は「柏餅(かしわもち)」が出されます。


こちらは日本独自のお菓子で江戸時代に作られたものです。


対して、粽(ちまき)は中国から来たものです。米を笹の葉でくるんだもので、「災いから身を守る」という意味が込められています。


中国戦国時代の詩人・政治家でもある「屈原(くつげん)」という人がその昔、川で入水自殺を図ったとき、屈原の亡骸に対する糧として川に投げ入れたことがルーツとされています。


いかがでしたか?「端午の節句=こどもの日」は、男子の健康・成長祈願だけでなく「厄払い、病から身を守る」という意味などもこめられた中国から渡って来た節句がはじまりだったのですね。


昔の人は現在と比べて寿命も短く、医療も発達していないことから「祈願する」という行事がとても大切だったのですね。

 

コメントは受け付けていません。