バレンタインっていつだっけ??とか言うやつ~!(由来から教えます)

Sponserd Links

valentines-day-587967_640

バレンタインデーっていつだっけ…?ホワイトデーってなんだっけ?

世間の話題と隔離されている方、いらっしゃいますよね(笑)

 

でも、バレンタインに限らず、微妙に「いつだっけ??」ってなる日、あります。

母の日とか、父の日もそう。はずしちゃいけないと思いながらも、あれ何日だっけ?ってなるときありますよ。わかるわかる。

 

では発表します!バレンタインデーは2月14日です!(し~ん)

 

はい。

 

そんなわけで、今日は「バレンタイン」について今さら調べてみました。意外に知らなかったネタガあるかもですヨ!?

バレンタインデーとは

BigPinkHeartバレンタインデー(聖バレンタインデー)は世界中の「男女(あるいは同性者)」の「愛を誓う大切な日」として2月14日に祝います。イタリア語では「サン・ヴァレンティーノ」。

Sponserd Links


 

バレンタインとは、269年に殉教したキリスト教徒の名前。そのバレンタインが処刑されたのが2月14日でした。

 

なんでバレンタインの処刑日が愛を誓う日になるのか?理由は、当時のローマでは若者の結婚が禁じられており、愛するものと結ばれれることが出来なかった。そんな中、バレンタインは秘密裏に彼らを結婚させてやっていたのです。しかしそのことをローマ皇帝が知ってしまう。

 

改宗してやめさせようとしましたがバレンタインは応じませんでした。そして14日、彼は処刑されてしまいました。

 

時が経ち、キリスト教はバレンタインを聖人として認定。愛を伝えあう行事の守護聖人となりました。

バレンタインデーのはじまり

DE025_Lバレンタインは、花束や、メッセージ、カードなどのギフトを添えて愛する人同士が愛を伝えあう日です。女性から男性へという決まりはありません。日本型のバレンタインデーは女性から男性にチョコレートを渡すのが一般的。

 

とはいえ、チョコレートを渡すというイベントは日本だけのものでは無く、イギリスのチョコレート会社のギフトから広まりました。日本では、モロゾフがバレンタインチョコの広告を出したり、伊勢丹がバレンタインセールという名目でキャンペーンをしたことを皮切りに、現在でも年中行事として欠かせない一大イベントとなりました。

ホワイトデーはマシュマロ?

バレンタインデーにもらったお返しとして、ホワイトデーという日もあります。ちょうど1ヶ月後の3月14日がその日です。もうお菓子会社の販促としか思えないのですが、コミュニケーションとして利用価値も高いと思いますのでこちらの日も覚えておきましょう。

 

義理チョコだろうとなんだろうと、やっぱりもらったらお返しするというのが基本です。

じゃあ、ホワイトデーでは何を返せばいいの?「ホワイトチョコ!!」と、大きな声で言ったあなた、残念ですが不正解です。

 

答えは、、、「マシュマロ」または「キャンディー」です。でもココからが怖い。実は隠された意味があるみたいですヨ。

 

その隠された意味とは…

 

なんと、マシュマロは「嫌いな人へのお返し用」なんだとか。

 

ひ、ひどい。意味がわかりません。そんなお返しならいらないっすよね!!

 

バーベキューでは結構人気もあるっていうのに、なんでそんな意味があるのかはよくわかりませんが、そんな噂もありますので、マシュマロでお返しするのは危険かもしれません。やめときましょう。

世界各国のバレンタイン事情

DE003_L

イタリア
赤いバラの意味するところは「情熱」。この赤いバラに愛をこめてプレゼントするんだとか。
フランス
恋人同士意外にも、大切な人にお花のギフトをしたり、素敵な食事をしたりして祝います。
ドイツ
やはりバラが人気。ハート型のアレンジメントやチョコレートを添えてゴージャスなギフト。
スイス
バラのギフトが定番。近頃では、香水やバラ以外のお花もギフトに選ばれているようです。
フィンランド
2月14日は「友情の日」とされており、恋人以外にも友達や家族にお花やカードのギフトを贈ります。
オーストラリア
恋人や夫婦が互いの愛を伝えあいます。ここでも人気は赤いバラ!

 

バレンタインでもらって困る男の本音

実のところ、バレンタインに何かしらもらえれば何でも嬉しいというのが本音のようです。

ただし、あまり親しくない人からの「手作りチョコ」にはやや否定的な意見があります。うん、確かに手作りは親しい人から貰いたいですよね。

 

大好きだった人から手作りチョコをもらえたらすっごく嬉しいけど、その反対は…。う~ん、自分がどっちに思われているか、本当のところはわからないですね。そう考えると、こわ~。

 

あと、あまり高価すぎるチョコレートも困るみたいですよ。お返しに何を返せばいいのか、プレッシャーになってしまうようです。ほどほどがいいかも。

テンションあがるのは自分チョコ?

本命チョコより、義理チョコより、一番大切なのは「自分チョコ」という女子も増えています。

 

平均的なバレンタインチョコの予算でも、本命2000円~、義理チョコ500円~1000円、自分チョコ2500円~って、本命より高いんかい!と、つっこみを入れたくなりますが、普段頑張っている自分にご褒美チョコ!が楽しくて女子はやめられないのです。

 

カカオの生産地にこだわって本格的なチョコレートを食べたり、イベントで普段手に入らない材料で手作りしてみたり、いつもより大幅に奮発したチョコレートの甘い誘惑にどんどん浸っていい楽しい日、それがテンションあがる自分チョコです。

 

わたしも昔はね、作っていました。手作りチョコとか、クッキーとか!

でも大人になった最近では、バレンタインは大切な人とゆっくり過ごす日です。

好きなワインと、美味しいチョコで軽く乾杯する程度です。

個人的には、こんな風にサラッとした感じが結構好きです♪

 

コメントは受け付けていません。