“一人で外食できない”を克服しよう。

Sponserd Links

CA036_L
あなたが一人で外食を出来ない理由は何だと思いますか?

 

私も以前は一人で外食することに抵抗がありました。「外食してまでがっつり食べなくてもいいわ…」と、思う時も多かったので、一人で店に入ろうともしませんでした。

 

ところが今ではスイスイと、好きなところに好きなタイミングえ入って行き、人眼を気にすることもなく「自由に」「気ままに」やれています。

 

これが出来るようになると、生活が変わりますオーバーかもしれませんが、人によっては本当にそれくらい、その後の人生を変える革命になるかも知れません。

 

でも一人外食出来ない、一人で行動できない人にとっては、それを乗り越えるのはすごく難しいことなのです。

 

では、どうすれば一人で外食「出来ない人」も「出来るようになる」でしょうか。

Sponserd Links


 

何故一人で外食が出来ない?

一人で外食する人の多くは「恥ずかしいから」だそうです。「人の目が気になる」「きょろきょろしてしまい、落ち着かない」「勇気が出ない」「ひとりじゃつまらない」など。

 

友達がいないと思われそうで嫌」という意見も多いですね。確かにそんな風に気にする意見もあるでしょうが、一人で何かをしている人を見て「ひとりぼっちなのかな?」と思うことって、そんなにないと思うんですよね。

 

何故かというと、一人で行動している人は意外と「寂しそうにしていない」人が多いからです。普通のテンションで過ごせて、自分の時間を自分でコントロールできているから、逆に「カッコいい!」と、思われることさえあるのです。

 

人の目を気にし過ぎた結果…。

集団生活の中で、実際に一緒に食事をする仲間がおらず、「便所飯(ベンジョメシ)」に走る人もいますね…。

 

一般的にトイレで食事をするという行為については、「いくら綺麗なトイレでも、トイレという環境で食事をする気にはなれない」という意見が多く、出来ればやりたくない行為です。

 

試しにやってみた人も、「食べている最中に涙が出た」「みじめな気分になった」とのこと。

 

辛いことや悲しいことは、生きているとたくさんあるけれども、そこから逃げて「孤独感」を感じた時、本当に悲しくなってしまいます。トイレでご飯を食べるのはやめときましょう

 

どうしたら一人外食できる?

気軽なところで、マックやドトール、スタバなどがありますが、そこで「コーヒー一杯だけ挑戦しよう」というのは、失敗のもとになるような気がします。

 

何故かというと、それぞれの席同士が密着気味であり、すぐ横でわいわいやられると余計に落ち着かない気持ちになるかもしれないからです。

 

また、コーヒー一杯だけというのもやっかいです。何か美味しい食べ物があればそこに集中できるかもしれませんが、コーヒー一杯だけを頼んでゆっくりと時間を過ごすというのはむしろ上級者

 

なので、私なら一人外食が出来ないでいる人にコレを薦めます。お店の種類というよりも、座る席の状況が大切。実際に私がひとりで食事したころ、この環境ならまったく周りが気にならないな!と思った場面です。

SW035_L

 

icon-point2-1-r外の景色が見える窓際のカウンター席。
人が往来するのが見えたり、自動車の動きが見えたり、なんでもいいのですが動くものが見えるシチュエーションがあると、一人でいても「ボーっ」とできます。

icon-point2-2-r壁際のカウンター席。
これは、ランチタイムの混雑したハンバーグ店に入った時なのですが、店内に入ったとたんサラリーマンで埋め尽くされた環境に「う、やばい」と思ったところ、案内された壁際のカウンター席に座ったら思いのほかくつろぐことが出来ました。目の前が壁っていうのは実はあまり好きではないのですが、何故か食事に集中できましたよ!

icon-point2-3-r牛丼屋

女一人で牛丼屋に入ることは「入りにくい」と思われがちですが、実際は違う。
というのも、まあほとんど店内は男ばかりなのですが、男性は食事に集中しているし、一人で入ってくる女性を凝視してはいけないという優しさ(?)か分かりませんが、とにかく全然ほっといてくれます。気楽に食べれますよ。

 

一人で外食が嫌いな理由は人それぞれだけど…

私の場合一人で外食することには、一人で店に入る勇気がでない」ということよりも、「一人じゃつまらない」「間が持たない」という思いが強かったです。でも、実際は違っていました。

 

あなたも店に入ったら、思い切って店内をゆっくり見渡してみましょう。誰もあなたを見ていません。自分が思うほど、他人は自分を見ていないことに気がつくはず。

 

人は個々に考え方生き方を持っていて、それはとっても大切なオリジナリティです。この事をよく理解すれば、「一人でいる」ということイコール「孤独」では無いことが分かってくると思うのです。

 

一歩を踏み出して、新しい目線で生きる

一人で行動できるようになると、自分が持っているいろいろなイメージが実際には「違う」ということが沢山見えてきます

 

また「自立している人間は、一人で落ち着いて行動ができる」という見方もあります。日本人は特に多かれ少なかれ「集団行動」が多い社会です。これが普通だと思って生活せずに、「自分の考えで行動してみる」というのはなかなか新鮮ですよ。

 

「一人外食が出来ても出来なくてもいいじゃないか!」という意見もあるでしょうが、確かに!そうですよね。(笑)


でも、「一人で何かが出来ない人」って意外に多くてびっくりしたので何か役に立てないかと思い記事にしました。


このように「ひとり行動が難しい」というのは日本特有の社会現象だと思います。


一人ひとりが自立した社会を目指し、その中で助け合いが出来たら、本当の意味で高め合うことが出来る素晴らしい国になりそうですね!


累計会員数480万人を誇る友達作りコミュニティー【エキサイトフレンズ】会員登録プログラム


 

コメントは受け付けていません。