ねぎぼうずって何?食べれるって本当?!

Sponserd Links

negibouzu_life

5月前後の初夏のころ、畑でねぎの頭に丸いものが乗っかっている風景を見たことはありませんか?あれは「ねぎぼうず/葱坊主/ネギ坊主」といいます。「育ち過ぎのネギだから食べれないので放置しているんだ」と、思っていましたが…。


私の予想は間違っていたようです。
今回は「ねぎぼうず」についてのお話です。

ネギ坊主ってなに?

いわゆる長ネギのお花のところを「ねぎぼうず」と言います。なんとその花の数は数十とも千輪以上とも数えられるほどの数。
そのためたんぽぽの綿毛のようにも見えるかもしれません。

まずは長ネギの頂上先端部分に蕾(つぼみ)ができます。その次に蕾を割るような具合で小さなお花たちが顔を出します。

また、「キテレツ大百科のコロ助」も「ネギ坊主」と呼ばれていますが、今回のお話とは関係ありません。

ネギ坊主が食べれる!?食べごろは?

このネギ坊主ですが、観賞用としてはいささか「う~ん」という感じ。記事の冒頭にも下記ました通り、農家の方が収穫していないところを放置しているのだと思っていました。つまり食べることも、観賞用にもできない状態だと。

ところが、このネギ坊主、なんと食することが出来ると言うので驚きです。食べ頃はまだ蕾のときで、お花になる前で白っぽい状態です。蕾のうちでもまだ青い時は苦みが強く出てしまうようです。

でもこのネギ坊主どうやって食べるのでしょうか。
ダントツの美味しい食べ方は「天ぷら」みたいですよ!

Sponserd Links

ネギ坊主の天ぷらはタラの芽の味のように美味しい。

negibouzu_cut実際には、ネギ坊主が食べておいしいということを知らずに捨てている人も多いようです。

しかしこのネギ坊主、天ぷらにすることでなんと春の山菜の王様的存在「タラの芽の天ぷら」に匹敵するほどの美味な天ぷらになるというのです。

作り方も至って簡単で、ネギの蕾の部分を軽く洗って水けを取り、に天ぷらの衣を付けて揚げるのみ!特に注意事項も何もありません。お塩か天つゆで食べると、取り合いになるほど美味しいらしいのです。

残念ながら私は食べていませんので、味わいのほどを食レポすることはできません(泣)ごめんなさい。

ネギ坊主の栄養

ネギ坊主が食べれるし、味も美味しいと分かりましたが、さて栄養の方はどうなんでしょうか?
ネギ坊主が出たネギは、その栄養はほとんどネギ坊主に移るということです。だからねぎぼうずが出たネギはあまり美味しくないんだとか。

何故ネギ坊主にばかり栄養が行ってしまうか。それは「種子」を作る大事な役割を担っており、沢山の小さいお花から種を作るためにも栄養素が必要になるからです。

このねぎぼうずですが、どの長ネギにも出来るとは限らないらしいのです。子孫繁栄のお役を持った選ばれしネギとでも言うのでしょうか。大したものです。

でもうちの近所の畑にはネギ坊主を付けたネギがずら~~っと並んでいますけどね(笑)

いかがでしたか。ネギ坊主が食べれるなんて知りませんでした。この記事を書いている自分が一番ショーゲキを受けているかも。
ネギ坊主っていうネーミングがかわいいというか面白いので、畑で見かける度になんとな~く「あ、ネギ坊主だ」と思っていました。
食べれるだけじゃなく、そんなに美味しいなんて!!
是非食べてみたい。でもネギ坊主ってスーパーで売っている訳じゃないし、自分で育てるか畑の人から分けてもらうしかないですねぇ。ハードル高いなぁ!!

 

コメントは受け付けていません。