コレステロール値がやばい!?血中脂質検査と改善のススメ

Sponserd Links

appetite-1239200_640

健康診断になると、気になるのは体重?尿検査?血糖値?いやいや肝機能でしょうか。
日ごろの生活に不安があるひとは、健康診断の結果は耳が痛いかもしれません。


その中でも、上昇傾向にあるのはコレステロール値のようです。
今回はそのあたりに焦点を合わせてみました。

どうぞ

血中脂質検査で何がわかる

血中脂質検査は「総コレステロール」「LDLコレステロール」「HDLコレステロール」「TG(中性脂肪)」などが分かる検査です。

コレステロールは体内にある脂質の一種。水に溶けません。反対にたんぱく質は水に溶けやすい性質を持っており、血液中ではこの「たんぱく質と結合」することで「リポたんぱく」という形で存在します。

中性脂肪もコレステロール同様に体内脂肪の一種。食事でとりこまれる脂肪のほとんどは「中性脂肪」で、エネルギー源となる大切な役割を担っています。が、消費できなかった過剰分は「備蓄」として体内に貯蔵されます。

これがおデブのもと…。

脂質異常症ってなに

Sponserd Links

「LDLコレステロール」「HDLコレステロール」「TG(中性脂肪)」のいずれかが基準値を超え異常値になることです。


つまりコレステロール値をみれば脂質異常症かどうかの判断はできるものの、それを起因とする「動脈硬化」や「合併症」のまでは知ることが出来ません。

動脈硬化の危険因子はなんでしょうか。「タバコ」「加齢」「高血圧」が代表的であり数値が多いほど動脈硬化が進みます。これによって冠動脈疾患(心筋梗塞)のリスクも上がってしまうので、心当たりのある人は気をつけていきましょう。

コレステロール値の「正常値」と「脂質異常症診断基準値」

◎正常値
「総コレステロール」140~199mg/dL
「LDLコレステロール」50~139mg/dL
「HDLコレステロール」40~119mg/dL
「TG(中性脂肪)」30~149mg/dL

×脂質異常症診断基準値 ※「未満」もあるので注意
「総コレステロール」200mg/dL(以上)
「LDLコレステロール」140mg/dL(以上)
「HDLコレステロール」40mg/dL(未満)
「TG(中性脂肪)」150mg/dL(以上)

脂質異常にならない為の予防と改善

適切な食事と運動、耳が痛くなるというか、聞き飽きた間のあるフレーズかもしれませんがやはり王道です。

(1)食事を取り過ぎない

エネルギー量を把握し、カロリーオーバーにならないよう食事量に気を付けます。

標準体重×25~30kcal=エネルギー量の目安(1日)


※標準体重=身長(m)×身長(m)×22

また、内容は卵などは控える、海藻やきのこ類を多く摂る、食物繊維の多い食品を摂る。という方向でいきましょう。

(2)運動しよう

1日30~60分の有酸素運動(歩行、ジョギング、など)を週に3回くらいが目安。生きてること自体が有酸素運動だろ!」という意見は無しで…。それ以外に少し動く時間を作ってください。

通勤通学の自転車を徒歩にする。1駅手前で降りて歩く。という方法は長続きする人が多く、敢えて時間を作る苦労が少ないのでおススメです。

汗をかけば脂肪が減ると思っている方も多いようですが、汗と脂肪は比例しません。この話をすると長くなるので控えますが、早いハナシ…「脂質を取り過ぎない&小まめに動く&多少の筋トレ」これが一番です。

(3)たばこ吸わない

煙草を吸うと血管が収縮します。すると血圧が上昇して高血圧に。血圧が上がることで血管が徐々に傷つき動脈硬化を促進。

なんてわかりやすい負のスパイラル…。周囲の人の健康と自分の将来の健康を考えて、やめましょう、タバコ。

いかがでしたでしょうか。
あまり真面目に取り組みすぎると疲れるので、ゆるい感じで生活に取り入れるというスタイルもいいのでは?と、思います。「ほんの少しだけ我慢する」というのも日数を掛けると効果が表れるものです。

健康は自分だけのものでなく、自分の周りの大切な人達の案じる部分でもあること。これを思ってみてくださいませ!

この記事がお役に立てたら幸いです。

 

コメントは受け付けていません。