b型インフルエンザの症状、感染経路

Sponserd Links

インフルエンザにかかったあと、どこでどうやって感染したのか見当がつかない…。そんなことはありませんか?手洗いやうがいもちゃんとしているのに感染した!ワクチンを接種しているのに感染した!とか。


インフルエンザの感染の仕方には「飛沫・接触・空気」といった経路での侵入が考えられています。日常の生活行動から簡単に感染するシーンが多いですね。


具体的にどのようなものか、まとめてみました。また、b型インフルエンザの症状についても触れています。

インフルエンザ感染の仕方

Sponserd Links

くしゃみや咳による感染「飛沫感染」

社会生活をしていれば、日ごろから電車、店内、学校、病院、職場などなどあらゆるシーンで多くの人とスペースを共有しています。

この日常繰り返されるシーンでの感染が一番多いと考えられています。

そのパターンはやはり「くしゃみ、咳」です。咳では約10万個、くしゃみでは約200万個のインフルエンザウイルスを周囲に飛び散らせてしまう。くしゃみでは1~1.5m内の距離であれば感染確率は高いとされています。

飛び散ったウイルスが、目の粘膜、呼吸器官、傷口、などから体内に入り感染するのです。

眼鏡やマスクなどの装着が非常に有効な防御となるでしょう。

付着したウイルスで感染する「接触感染」

感染者が触れたモノなどに手で触れることでウイルスをもらい、さらに無意識のうちにその手を目や口、鼻などから侵入する経路での感染を接触感染と言います。

例えば電車のつり革。ふつうにつかまりますよね。その後不意に目がかゆくなって目をこする…で、感染。実に簡単に移ってしまいますね。

眼鏡やマスクなどを装着は飛沫感染だけでなく、直接触る回数が減る傾向にあるため、接触感染に対しての予防にもつながります。

空気中を浮遊するウイルスに気をつけろ!「空気感染」

germ-41368_640飛沫したウイルスは水分を含んでいますが、この水分が飛んだ状態で非常に細かい粒子で空気中を漂っています。このウイルスからの感染が空気感染。感染者の周囲の空間にはこのウイスルがふわふわしています。


このウイルスは水分が無い状態であるため、乾燥した空気を好み、低温状態で長生きします。このウイルスを停滞させない為にも、小まめな換気や温度・湿度の調整が大切です。


加湿器を利用するとよいでしょう。

インフルエンザB型は症状が長引く…

今年のうちの家族の症状からですが、昨年感染したA型と比べあっとうてきに「具合悪そう…」です。というのも、高熱38℃~38.9℃あたりのうろうろが長いのです。今回処方されたタミフル、カロナール、カフコデを飲んでも熱が下がるのはほんの一時で、3日間高熱でした。ご飯も少ししか食べられず、カラダの節々が痛い、頭痛が強い、喉も痛い、といろいろな症状を訴えていたので可哀想でした。


予防やワクチン、できるだけやっておきましょう!


いかがでしたでしょうか。


最後にも書きましたが、うちでは昨年はA型、今年はB型に家族のひとりが感染しました。わたしはずーっと一緒にいるけど、ぜんぜん感染しませんでした。というか、私一度もインフルエンザになったことがありません…(苦笑)


どうしてこうも違いが出るのか、不思議に思って調べてみました。実際わたしはあまり小まめに消毒したりということもしていないので、免疫力が強いのかも。


ただ、マスクはしょっちゅう付けています。通勤中も、職場でも。ちょっと厚みのある【日本製マスク】【pm2.5・pm0.5・粉塵対策】を使用しています。もしかしてこの手軽な対策がかなり有効かもしれませんね!

 

コメントは受け付けていません。