食器洗いが面倒なあなたが楽になるためのヒント集

Sponserd Links

washing-dishes-1112077_640実は意外に(でもないか)食器洗いが面倒だ!という人が多いようで、洗濯も面倒だし料理も面倒だというなら、いったい何が面倒じゃないんだい??と、問いたくなる気もしますが、まあそれは置いといて。


今回はそういった「面倒だな~」と思われるあなたの役に立つかもしれない、家事の中で「食器洗い」について少しでも「ラク」に「楽しく」出来るヒントを書きましたので是非読んでください。

食器洗いをする前に!

まずあなたは汚れた食器をどのように洗い桶に入れるでしょうか。ここはすごく肝心なところで、それによって天使を見るか、悪魔を見るか!の境目になるということをご存知でしたでしょうか。ほんとに。

dishes-197_640
仕事の出来ない主婦は(ごめんなさい)、汚れた食器をそのまま桶にどんどん入れます。その上から水道水を「ガーッ」と振りかけて終了。

そして、数時間たってから気が向いた時に洗います…

はい、これやってる人アウト…(汗)。

もちろん「漬け置き洗い」という概念はありますが、面倒だからという理由で放置するケースが多いので以下の内容を確認しておくとよいでしょう。

このようにするとどうなるか…
●汚れを取らないまま桶に入れるので、桶の水が瞬く間に汚水に変化

●分類せずに桶にどんどん入れるので、汚れていない食器まで油まみれ

●食器を選別しないで入れると、洗う時に非効率

●数時間放置することで雑菌が増殖。使っている食器全部に菌が付着

●包丁を洗い桶に入れる人もいるが、見えなくなって大けがの原因となる

と、ちょっと思いつくだけでもこんなに沢山のデメリットが…。

奥さま!気を付けてくださいね!!

では、どうするのが正しいでしょうか。こうです…
○食器は軽くすすぎ、汚れを水または紙ナプキンで落としてから桶へ入れる

○箸やスプーンなどのサーバーと、食器は分ける

○油ものとそうでないものは分ける(油ものは桶に入れないなど)

○水を飲んだだけのコップなどごくわずかしか汚れていないならその場で洗う

○桶の中に数時間放置しない。10~20分も漬ければ硬くなった汚れも落ちるので、早めに洗う

○食器を分別して洗うことで、洗剤を流し終わった食器の片付けが効率的(水切りかごにキレイに入っていく)

○箸やスプーンなどの小さなものを分けたことで、桶の下の方に手を突っ込んで探すということなどしなくてOK

Sponserd Links

という調子です。悪いことがなく、とにかく効率的。


大切なのはマインド。「今を面倒くさがらない」ということです。このマインドをほんの少し変えるだけで、大きく効率が良い方向に転換し、食器洗いがスムーズに済ませられ気分もさやわか、スッキリ快調(?)なわけです。

汚れ落としにはスクレーパーが便利

洗い桶に入れる前の準備として、食器についた汚れは軽く流して取ることをお勧めしますが、「このときに使う水がもったいないではないか!」という声については2つほど策を用意してあります。

一つ目は先述しましたが「紙ナプキン」を使うということ。食べ終わったらテーブルの上で行ってもいいと思います。

取れる汚れは紙ナプキンで拭き取ってから洗い桶へGO!するのです。

二つ目は「スクレーパー」を使い事です。紙ナプキンと同じ目的で、汚れを水以外のもので拭き取るということですが、スクレーパーは食器と設置する部分に隙間が出来にくいため、キレイに簡単に汚れを取ることが出来ます。

○スクレーパーの一覧はこちら


汚れ取り以外にも、ボウルに残った食材を簡単に取ったりする役割もあります。100円均一にも売っていますので手軽に入手できるでしょう。(もちろん価格のするもののほうが、お洒落だし使いやすいですが)

テーブルの上で作業する場合、食後にお子様やご主人にもセルフでやってもらうことができますし、そうなれば全体的な効率化につながりますよね。しかも水道代が浮き一石二鳥的な具合になります。

スペースの有効利用にグラスラックで見た目もお洒落に

また、コップやグラスについては、洗った後に上からぶら下げられるタイプのモノを台所に設置すると、水切りかごを占領されることもなく、拭かずとも勝手にキレイに乾いてくれているのでとってもラク。ワイングラスなどをつり下げると台所の見た目もお洒落になります。

○グラスラックの一覧はこちら

風水的にも悪い効果が

台所など水廻りの空間は「女性に影響」する範囲と言われています。水は邪気を呼び込むパワーも持っているらしく、汚れた水をいつも台所に置いておくのはもってのほか…。

トイレのふたを閉めた方が良いとされる理由もそこにあり、開けっ放しにすることで変な邪気を呼び込むことの無いようにするためだとか。

女性の活躍する場でもある台所が、いつもスッキリと片付いてキレイにしている家の人と、そうでない人は、イメージしただけでも前者の方が「良い運気である」と感じますよね。

という訳で、簡単ではありますが今回は食器洗いについて、生活のヒントのお話でした。

自分の見てきた知人などの家庭では、分別せずに桶に入れているところ意外に多くて…。それに対して何も口を挟んだことはありませんでしたが、内心ではちょっと残念な気持ちでした。

大どころがグッチャリしているところって、個人的に引きます(苦笑)
なので、そんなことを思い出しつつ今回は記事にしました。

「面倒くさいな」と、思うことは誰にでもあることだし、毎日のことなので当然そう考えることも不思議ではありません。でもちょっとの工夫をすることで、面倒だったことがすごく楽になることも良くあります。

生活って、そういったほんのちょっとの「知恵」を取り入れる度にどんどん変わっていきます。今回は食器洗いについて書きましたが、これに限ったことではなく、あなたの暮らしの何かのヒントになれば幸いです♪

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

コメントは受け付けていません。