白菜とはくさい、服とふく。アクセントやイントネーションどれが正解なの!?

Sponserd Links

白菜とはくさい、服とふく。どちらのイントネーションが正解?

子供のころ、友達の口から発する単語のイントネーションに違和感を覚えたことはありませんか?
わたしは東京の下、多摩地区周辺で育ちました。田舎と言えば田舎ですが、方言では無い標準語の地域です。

それでも子供のころは親のしゃべり方の影響を受けているせいか、何かのワードについてイントネーションの違和感を感じることがちょいちょいありました。

今日はそんなどうでもいいけど、ちょっと気になるお話です。

違いが気になった単語シリーズ

単語の前半部分または後半部分のイントネーションが「上がる」または「下がる」という場合の違い。または、どこにアクセントをつけるかの違いにより違和感を感じる単語の一例。

白菜

豆腐

おかか

クラブ

エクセル

ドラえもん

フライパン

ノルマ

また、単語の始まりを高い音にするか、引く音からスタートするかによっても印象が変わりますよね。
私は日常的には「白菜」について気になってしまいます。うちの人は最初の音「は」にアクセントを置き、高音からスタート。わたしは、「はく-さい」と二音ずつ中国語な感じ?のイントネーションで、どちらかというと「さい」にアクセントが来ます。標準語はこっちじゃないかと思うのです…が。

Sponserd Links

イントネーションの違い。一体正しいのはどっち??

先に記載したイントネーションの違いを感じる単語はほんの一例で、他にも沢山あると思います。また日本語は同じイントネーションでも違う意味を持っているものもあり、奥深いです。

「おかか」なんていうのは、最近の人が使う単語かどうかわかりませんが、「お」にアクセントをつけるか、または3音とも音に抑揚を付けずに一本調子のイントネーションにするかどうか、どちらが本当なのでしょうか。

違う意見を持った両者を並べて討論しても、正解に辿り着くのは難しそう。何かいい方法は無いのか…。と、いろいろ探していたらこんなものを発見!

NHK 日本語発音アクセント新辞典
というものです。NHKから2016年発売でお値段はアマゾンで5400円でした。

NHKで一番古く出版されたのはこちら「日本語 発音アクセント辞典
」。
1998年で、現在の価格はアマゾンで380円でした。

楽天で「日本語発音アクセント辞典」を調べたところ、中古本のほか、電子辞書も出てきました。電子辞書ならかさばらず、いつでもどこでもアクセントの確認が出来て便利…かもです(^^;

 

コメントは受け付けていません。