お彼岸はいつ?「ぼたもち」と「おはぎ」の違いはなに?!

Sponserd Links

CU076_L誰もが知っているお彼岸ですが、ことばばかり聞いていて、実は「知って無かった…」ということも多い。「お彼岸っていつだっけ??」というあなたのために(?)お彼岸についてわかりやすくまとめましたのでお時間がありましたら、どうぞ読んでいってください。


ほか、意外に知られていない「ぼたもち」と「おはぎ」の違いもご紹介します。

お彼岸(ひがん)とは

CR111_L
お彼岸とは、春分の日と秋分の日それぞれの日の前後3日間(計7日間)のことを指します。
春分の日は「春の彼岸」、秋分の日は「秋の彼岸」と呼ばれます。


「彼岸」とは何かご存知ですか?仏教用語で「あの世」のことです。あの世はどうやっていけるのか。それは煩悩に捕らわれることなく解脱(げだつ)した者がたどり着ける場所。そこは「極楽浄土」と呼ばれるところです。

なぜ春分の日と秋分の日前後を「お彼岸」というの?

春分も秋分も、昼と夜の長さが丁度同じになり、太陽が真西に沈むことで理由です。
仏教では「極楽浄土」が西にあると考えられており、真西に沈む太陽からご先祖様のことを思い出し、祈る。という昔からの先祖供養が年中行事となっているのです。

お彼岸の季節になると、お墓参りに行き、お花や「ぼたもち」などを添えて、ご先祖様に手を合わし感謝のお祈りをします。

「ぼたもち」と「おはぎ」の違いってなに??

お彼岸にお供えするのは「ぼたもち」も「おはぎ」も同じです。どうしてその呼び方が違うのか、疑問に感じたことはありませんか?これはお彼岸の時期に咲く花にちなんでつけられた呼び名です。

CU081_L


春には牡丹が、秋には萩が咲きますね。ですから春は「ぼた餅」、秋は「おはぎ」と呼ぶのです。素敵ですね。

さらに使われている「あんこ」ですが、これは小豆が魔除けの色になると言われることから材料になっています。

お彼岸法要の相場はいくら?

Sponserd Links


下世話な話ですが、現実的にお布施はいくらが相場なのでしょうか。布施は施しなのでもちろん「相場」などあるはずもないのですが、ここで言うのはいわゆる一般常識的な相場です。


◎お寺の開催する「お彼岸法要」では3,000円~1万円くらい

◎個別に法要を行う場合では~3万円~5万円くらい

◎自宅でしてもらう場合~お車代でかかる費用をお布施として…


この辺がだいたいの相場のようです。

また、お布施の渡し方ですが、「そのまま手渡し」する人はいないと思いますが、それはダメです(笑)。袱紗(ふくさ)と呼ばれるものに包んでお渡ししたり、白い無地の封筒に入れて渡します。
→慶弔ふくさ


先日は家族でぼたもち(またはおはぎ)の話題になり、「関東では…」「関西では…」といった地方での呼び方ではないかという意見が出ました。結局わからなかったので私が調べたのですが、意外でした。そして、季節の花にちなんでつけられたなんて、素敵だなぁ…と、思いました。

和菓子は日本のお菓子。お料理もそうですが、和のものはその季節を楽しむというところもいいですよね。四季に富んだ日本ならではのとっても良いアイデアですよね!

ご先祖様も、一緒に四季を楽しんでくれるとよいですね。

 

コメントは受け付けていません。