ブログに歌詞載せたら違法?JASRACルールは?

Sponserd Links

様々なネタでブログが存在し、有益な情報を持つものもあればその逆のブログもあります。まとめサイトは急増し、訪問者がすばやく情報を得るための工夫がされています。


しかし、実際どのような検索ワードでの検索が多いのでしょうか。Google、Yahooの急上昇ワードなどをいつもにぎわせているのは「芸能人の名前での検索」です。お騒がせ芸能人のネタ、スポーツ界の成功した選手名でのネタ、、などなど。

瞬間の爆発力といいますか、何かがニュースになった時にはどどどーっっと検索されます。アクセスを多く集めたいブログでは芸能ネタで「瞬間のアクセス」に期待したりもしますが、そこは強豪たちの魔窟の巣であったりもします。

競合が多いということは、差別化を図らなければ抜きんでることは出来ない。そのためには何をすればいいでしょうか。それはズバリ、「情報量と質」ですよね。さらに、文章の読みやすさ・整理されたレイアウトなども検索エンジンからの評価につながりますので、順位に関わるでしょう。

また、音楽関係では「歌詞を載せてアクセスを集める」という方法もあります。が、ここでちょっと疑問が。音楽関連の著作権と言うのは昔から厳しいという印象です。子どもの頃マンガを読むと、途中でほんの少ししか出てこない鼻歌部分でも「JASRAC(日本音楽著作権協会)」と書いてあることを何度も見ました。

お金を払って、許可を得て掲載しているんですよね。ところがです。巷のブログではよく歌詞をガンガン載せているのを見かけますが、これは大丈夫なんでしょうか!?「個人だから訴えられるほどの力もないでしょ?」という考えだとしたら危険なのではないでしょうか?

ましてや無料ブログの場合には何かの理由で「いきなり丸ごと削除」という恐ろしい現実もあります。と、もんのすごく前置きが長くなりましたが、今回はそんな疑問についてのお話です。

ブログに歌詞載せたら違法?

結論から言いますと、無断で歌詞を掲載する行為はダメです。「JASRACへの許諾手続」を行わなければなりません。歌詞などのテキストは使用料を払って掲載する場合、最低使用料が5,000円(月額)~のようです。

「ええ~!知らなかった、もう掲載しちゃっているよ!」というあなた、落ち着いてください。大丈夫かもしれません。というのは、予めJASRACと許諾契約をしているブログサービスがあるからです。

Sponserd Links

JASRACと許諾契約をしているブログサービス

JASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能なサービス

・アメーバブログ
・JUGEM
・Seesaaブログ
・textream
・プリ画像
・Yahoo!知恵袋
・Yahoo!ブログ
・ヤプログ!
・ライブドアブログ
・楽天ブログ

JASRAC管理楽曲を含む動画をアップロード可能なサービス

・あちゅら.jp
・アフリカTV
・アメーバアプリ
・うたスキ動画
・うたスキミュージックポスト
・OPENREC
・キャスタウン
・kukuluLIVE
・cavetube
・サイカラ
・すきっとねっと
・スターのたまご
・Stickam JAPAN!
・sprasia
・宅スタ
・ツイキャス
・デジタルコンテンツマーケット
・755(ナナゴーゴー)
・ニコニコ動画
・Necfru
・HUGVR
・VIDEO Clipper
・FREEWORLD
・プレイム
・ふわっち
・MixChannel
・Movikuma
・YouTube
・Lobi Play
・ワッチミー!TV
・ワンタッチBBS

というわけで、許諾契約されているブログサービスを利用している場合は、安心して歌詞やら動画やら掲載して良いみたいですね。めでたしめでたし…。ですが、大量の掲載や配信は認められないとしているので、常識の範囲での掲載が宜しいようです。

今回の記事はJASRACサイトの情報をもとにしています。さらに詳しい情報はオリジナルサイトでご確認ください。

「ブログへの歌詞の掲載について紹介します。日本音楽著作権協会 JASRAC」
http://www.jasrac.or.jp/info/network/pickup/blog.html

 

コメントは受け付けていません。