衣替え(更衣)の時期はいつ?古くは平安時代から…!

Sponserd Links

衣替えの習慣は昔からのものですが、最近ではその制度もあまり厳しくなくなってきたように思います。文化の変化でしょうか。ファッションに対する見解も加わっているかもしれません。


いずれにしても、季節の変わり目にお家の衣類を入れ替えたり、片付けたり、処分したり…と、なにかと忙しい一面も持っており少々やっかいと感じる方も。

そんな「衣替え」ですが、いつから始まったのでしょうか?
今日は「衣替え」について調べてみました。

衣替えのはじまり

衣替えは日本独自の行事で、四季のある国土特有の習慣です。
始まりは平安時代で、宮中(きゅうちゅう)では更衣の日(こういのひ)と呼ばれていました。

鎌倉時代の衣替えでは衣類にとどまらず、調度品までとり替えたそうです。

旧暦(きゅうこよみ)では4月1日には冬装束(ふゆしょうぞく)から夏装束(なつしょうぞく)になり、10月1日になると夏装束から冬装束になるという流れだったようです。

そして、明治からは現在の暦で6月1日と10月1日が衣替えの日となり、現在に続いています。

軍人、警察官らがこの時期に夏⇔冬の制服に替えるようになり、そのうちに官公庁、学校などの制服にも「衣替え」の制度が取り入れられるようになりました。

地方による衣替えの時期の違い

Sponserd Links


asian-1294104_640縦に長い日本列島ですので、気温の差は各地方によって違いがあります。
寒い地方である北海道では少しずらして6月15日と9月15日を衣替えにすることが多いようです。逆に温かい地方では5月1日と11月1日と、本土に比べ1ヶ月程度ずらしているようですね。


季節や地方によっては、変わり目の期間を長くしたり、合服の対策を取っているところもあります。

衣替えテクニック

ご家庭での夏もの、冬ものの整理が苦手…というあなた、いきなり片付けに手を付けていませんか?

お片づけ上手な方を見ていると、手順を段階に分けています。例えば…

1)まずはざっくりと仕分け~

明らかに「夏または冬」でしか使わないモノだけをわける
2)いらないものは捨てる!断捨離!~

目安として1年以上使わなかったものは捨てるというようにすると、捨てるのが苦手な人も片付けられる傾向にあります。ルールを作ると捨てやすいです。
3)ラベルを貼ってわかりやすく!~

タンスや引き出しにラベルを貼って分かりやすくすることでごちゃごちゃになりません。「恥ずかしい」と感じる人は小さめのラベルや付箋くらいミニな目印なら目立たずいいのでは?100円均一でも最近はシンプルでお洒落なシールが沢山売っていますので、お買い物のついでに見てみてください。
4)収納する~

今季のモノをタンスや引き出しに入れます。来季のものはコンパクトに重ねられる収納ケースに入れて、少し取り出しにくい箇所のスペースを有効利用しましょう。また、奥行きの浅い引き出しの奥のスペースを利用すると、無駄な空間を活用できます。
衣替えは少し面倒ですが、日本ならではの風習というところがなかなか素敵では無いですか?

寒い冬から春夏にかけては、重い服からの軽装で心も軽やかな気分に♪

反対に夏から秋冬は、残暑で疲れたところに薄めの長袖からはじめることで冬の訪れを感じたり…。

四季を感じることは感性を高めることでもあります。お子さんがいる家庭では季節の変わり目や季節の旬などを教えてあげながら過ごすのも良いですね!

 

コメントは受け付けていません。