シロヤシオとは?人気の登山スポットなど紹介

Sponserd Links

205142234_624

シロヤシオとは

シロヤシオは岩の多い個所に生息する落葉低木で、登山やハイキングなどの楽しみの一つとしても人気のお花です。
花の見ごろは5~6月頃。

このお花は5枚の葉、5枚の花弁が特徴と言えるでしょう。5枚あるところから「ゴヨウツツジ」とも呼ばれています。

少しレアですが、「マツハダ」という別名もあります。この由来は、老木になったシロヤシオの木の肌が「松」にそっくりになるところから生まれたと言います。

英名は「Rhododendron quinquefolium」、漢字では「白八汐」で、ツツジ科のお花です。

シロヤシオの花言葉は

白く清々しいシロヤシオの花言葉は「上品」だそうです。華美になることなく、岩山などという場所で凛として咲く姿を思うと「上品」という言葉も納得。

「白い色」というところも、何に染まることもなく穢れもないというイメージですね。

このお花、愛子様の御印としても知られており、那須の御用邸には沢山のシロヤシオが群生しているそう。白いお花に囲まれながら御用邸を歩く愛子様を想像すると、とても自然な感じがします。白がお似合いとは素敵なことですね!

ちなみに、雅子様の御印はハマナス(浜茄子)。ハマナスは大輪の花を咲かせることで知られており「ジャパニーズ・ローズ」とも呼ばれています。

花言葉は「あなたの魅力にひかれます、旅の楽しさ、照り映える容色、見映えの良さ、香り豊か、美しい悲しみ」 と、情緒の豊さを表すような言葉が多いのが分かります。

喜びと悲しみそれぞれを知る心の豊さは、人間だけが持つ大切な「感情と知性」ですから、そういった部分が健やかに育まれるようにと選ばれたのかもしれませんね。(個人的な推測です。)

シロヤシオの価格

登山やハイキングなどはぜんぜん行かないなぁ~、というあなた。シロヤシオは販売もされていますし、栽培の難易度も優しく初心者の方にも手が出しやすいとされているので挑戦してみてはいかが。

価格帯は安くは無いですが、「木」ですので長持ちしますね!
ちなみに、楽天で調べるとこういう感じです。



Sponserd Links

【現品8種】【送料無料】 シロヤシオツツジ R
価格:7560円(税込、送料無料)


売り切れが多いのは、人気を表しているところでしょうか。
知る人が知る、隠れファンの多いお花のようですね。

シロヤシオ鑑賞おすすめスポット

さてこのシロヤシオ(ゴヨウツツジ・マツハダ)ですが、どこに見に行きますか♪
シロヤシオファンのチェックポイントは下記の山が多いようです。
丹沢
檜洞丸
三峰山
檜洞丸
竜ヶ岳
那須
大台ケ原
日光 高山
御在所岳
赤城山

私も登山を楽しみながら、白く清らかなシロヤシオで癒されたいナ~。
あなたも是非、このお花を見て癒されて来てくださいね♪

 

コメントは受け付けていません。